和楽器市場









弊社で販売しております琴(中級品琴、くり甲琴)は経済産業大臣指定伝統的工芸品でございます。

伝統的工芸品とは「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて、経済産業大臣が指定するものです。
伝統的工芸品として指定されるには、以下の5つの要件を満たす必要があります。
1.主として日常生活のように供されるものであること
2.製造過程の主要部分が手工業的であること
3.伝統的技術・技法によって製造されるものであること
4.伝統的に使用されてきた原材料であること
5.一定の地域で産地を形成していること

特長・・・広島県福山市では、歴代藩主の奨励により歌謡、音曲が盛んに行われたことから琴の需要が多く、江戸時代初期から生産され始めました。
最高級の桐乾燥材を使用し、精巧な細工が施される等、手作りの良さが随所にあふれています。
また、楽器として初の伝統的工芸品に指定された福山琴は、全国生産量の多くを占めています。ちなみに、名曲「春の海」は鞆の浦をイメ−ジして作られたものといわれ、名琴地・福山を印象づけています。





十七絃琴











※現物写真でございます。ご注文後に糸をお掛けいたします。
※画像をクリックすると拡大写真をご覧いただけます



十七絃琴 【紅木巻】 
商品番号 WKT-17005
店舗価格 1,100,000円
WEB価格 660,000円(税・送料込)
カバー色:

数量:
※「e-コレクト」でのお支払いがご利用できません。
※大型荷物の為、日時指定ができません。

 









当店の職人です。琴の絃を左手で締めておりますが「左利き」ではございません。ではなぜ、利き手ではない左手で締めているのか?
昔はお琴の絃には絹糸が使用されておりました。(現在はテトロン糸が主流です)絹糸は大変音は良いのですが、切れやすいという側面があり、演奏会の時などは舞台上で演奏中に絃が切れることがあったそうです。
その為、箏の糸締め職人は舞台上で絃を締めていたそうですが、箏をセッティングした状態で絃を「右手」で締めると客席に背中を向けてしまう為、東京の職人さんたちは利き手ではない「左手」で糸締めをするようになったそうです。左手で締めると客席には背中を向ける必要がありません。
先代の技術を引き継いできた東京の職人さんたちは、今でも「左手」で締める人が多いです。(現在は切れにくいテトロン糸が主流の為、舞台上で締めることは殆どありませんが...)
その為、25年前に東京に修行に出ていた当店の職人も、東京の技術を引き継ぎ「左手」で締めております。





付属のカバー
※在庫状況によっては別のカバーになる場合も
ございますので、予めご了承ください。


  
 
紅木巻きの演奏会用十七絃琴でございます。

全体的に木目のバランスが良く、木味も良いです。

これからお琴を始められる方や、現在初級用のお琴をお使いの方で、演奏会用琴にお買い替えをご検討されている方に大変オススメの一品でございます。

本体は桐、四分六は紅木材を使用しおり、ご注文後に強力テトロン糸をお掛けしてお届けいたします。


写真をご覧のとおり、これだけすばらしい品質でセット価格が66万円ですから、価格だけを見れば高額ですが、この品質からすれば大変お買い得です。

サイズは長さが7尺、糸はご注文後に強力テトロン糸をお掛けいた
ます。

本体は桐、四分六や龍角、雲角には紅木材を使用いたしております。

お客さまの声ページに弊社でご購入いただきましたお客様のご感想を掲載いたしておりますのご覧くださいませ。

※お客様へ
琴をご購入いただきましたお客様からのご感想メールをお待ちいたしております。宜しくお願いいたします。









材質: 本体:会津桐・上 四部六分等:紅木   
寸法: 7尺
糸: 常盤強力テトロン(黄色)80番〜
付属品: 琴柱鳥居台・カバー・猫足・ネジ用ハンドル



 



お支払方法、配送方法に関しては こちらをご覧下さい。